Patisserie GIN NO MORI

麻布台ヒルズ店Tree fab: Sol Creative

銀の擬木:Jesmonite AC100

監修:ラヴィング㈱ / 施工:㈱TOYSCRAFT / 擬木:ソル・クリエーティブ㈱

おとぎ話の森にでてきそうな素敵な内装の「Patisserie GIN NO MORI」さん。
幻想的な深いブルーの壁と、ブルーのパッケージの焼き菓子、壁にはシマリスのパティシエの肖像がかかっています。そしてお店の中央にはどんぐり形のランプが下がる、シルバーに輝くツリーがあります。

岐阜県 恵那の静かな山中の広大な森の中にある「恵那 銀の森 」さんの中にPatisserie GIN NO MORI本店があります。本記事で紹介する店舗は、銀座本店、名古屋店に次いで3店目となる支店で、東京 麻布台ヒルズに2023年11月にオープンしました。パティスリー GIN NO MORIさんでは、どんぐり粉を使ったクッキーや、山査子やクマザサを使ったお菓子など、森の恵みを生かした風味豊かなお菓子やケーキを作られています。
下の写真のクッキーは麻布ヒルズ店限定のクッキー缶。木の葉の形に混じってリスも隠れています。

こちらのお店の印象的なシルバーの樹木はジェスモナイトAC100で制作されています。「擬木(ぎぼく)」といわれる本物の樹そっくりに作られた人工の樹ですが、樹皮やひび割れなどの迫力は銀色じゃなかったら本物とおもってしまいそうです。じっくりと見れば見るほど樹皮の細やかな表情や枝ぶりなど細部までこだわった職人仕事で作り込まれていて、お店のこだわりと世界観が細部までしっかりといきわたっているように感じられました。見事な擬木を制作担当されたのは、株式会社ソル・クリエーティブさん。

そしてトータルのお店の世界観を作り上げたのは、施工の株式会社TOYSCRAFTさんと監修のラヴィング株式会社さん。一つ一つのパーツに妥協せずに丁寧に仕上げ、お店のコンセプトを現実の空間にする。多くのプロフェッショナルたちの力によって、この青と銀の幻想的な世界観が形作られています。

GIN NO MORIさんのクッキー「プティボア」は、ちょっぴりほろ苦かったり、スパイシーだったりと、森の風味を感じる美味しさでした。焼き菓子の他にも、オリジナルのティーカップ&ソーサー・ティーポットも置かれていて、コンセプトカラーの深い青と銀の輝きが映えるティーウエアは、陶磁器の老舗 ノリタケさんと共に特別に制作されたものだそうです。

お近くを通られた折には、ぜひ足を運んでGIN NO MORIさんのこだわりの世界観を感じてみてください。そしておいしい焼き菓子でほっと一息森の息吹を感じてみてください♪

パティスリー GIN NO MORI 麻布台ヒルズ店
東京都港区虎ノ門5丁目9-1麻布台ヒルズ
ガーデンプラザB 地下1階
TEL: 03-6809-1232
営業時間: 11:00~20:00 / 不定休
▼GIN NO MORI Webサイト
https://ginnomori.info/patisserie/

Credit
監修:ラヴィング株式会社
施工:株式会社TOYSCRAFT
擬木制作:株式会社ソル・クリエーティブ