映画セット/大道具等の用途Applications – Set/Prop


石や土のような質感の表現に適したジェスモナイトは、映画用の撮影セット制作でも利用されています。大量に使用することになるので有機溶剤を含まず安全に作業ができる点や、BS耐火認定をされていることから特殊な火災撮影に使用できることがメリットとなっています。

Case Study.1
映画撮影用セット

ティムバートン監督の映画「ダークシャドウ(Dark Shadows)」や、「ウルフマン(The Wolfman)」の撮影用に制作された巨大セット。イギリスに実在する有名な大邸宅を撮影用として1/3スケールで再現したものでMattes and Miniatures Visual Effects Ltd.による作品。石材の建築物の質感が非常にリアルに再現されており、周囲の撮影機材などがないと本物の建築物との見分けがつかないほどです。このビジュアルエフェクト集団による、ジェスモナイトを使った撮影セットの詳しい内容は、Mattes and Miniaturesアートワーク紹介ページでご覧いただけます。

ジェスモナイト 映画撮影

ジェスモナイト 特撮セット

ジェスモナイト 映画スタジオ

Jesmonite AC300使用

幅広い造形素材を扱う彼らがジェスモナイトを採用した理由
“炎上する邸宅のセットを作成する際に、耐火性素材であるジェスモナイトを使用しています。火災シーン撮影時に煙がほとんど出ないので仕事がやりやすいです。ジェスモナイト自体に着色でき、また塗装もできること、そして非常に強度があり石のテクスチャーを再現できる点もよいです。”
―― Mattes and Miniatures Visual Effects Ltdスタッフ

Mattes and Miniatures Visual Effects Ltd Webサイト:https://www.mattesandminiatures.co.uk/

2016年に大ヒットしたMARVELの映画「ガーディアンズオブギャラクシー(Guardians of the Galaxy)」の異星の風景セットにも使われました。ポリスチレンで彫刻された上からジェスモナイトをコーティング&ペイントして仕上げられています。

Case Study.2
アニメーション用セット

ウォレス&グルミットや、羊のショーンを制作するコマ撮りアニメーションの大御所アードマン(Aardman Animations)で、地面やレンガ、岩などの表現にジェスモナイトが使用されています。実際の世界よりも随分小さい撮影セットで、独自の世界観と実物に近い質感を出すためにジェスモナイトが一役買っています。

アードマン(Aardman)のセット制作をされていたアーティストRia WilcoxさんのWebサイト にて、制作写真を見ることができます

Case Study.3
博物館・美術館などの展示物

ロンドンの帝国戦争博物館(Imperial War Museum)の体験型展示 塹壕部分の制作や、ロンドン動物園の景観セットなどにジェスモナイトが使用されています。

その他の用途を見る
Applications